DIXIE TANTAS | avex database top |

Latest ReleaseProfileDiscographyNews?Special IssueArtist Homepage



Latest Release

New Album
「NEW ROOTS」
CTCR-14139
NOW ON SALE



NEW SOUL CITY
試聴曲を聴くことができます
プロモーションビデオが見られます
アーティストからのメッセージです
@MUSICで楽曲を購入できます

オリオン
試聴曲を聴くことができます
プロモーションビデオが見られます
アーティストからのメッセージです
@MUSICで楽曲を購入できます




Profile

Vocal
山浦 智生(ANIKI)
【ヤマウラ トモナリ(アニキ)】

誕生日:1967年4月18日
出身地:神奈川県川崎市
血液型:O型
特技 :剣道3段

フェイバリット・アーティスト:ビートルズ、スティービー・ワンダー、ジョン・レノン…書ききれない
DIXIE TANTASのサウンド面全般を手掛ける。バンド内において"アニキ"という愛称で呼ばれるのは、その態度とと顔のせいなのか? 初めてメンバーに会った時も「アニキって呼んでくれ」と言ったとか言わないとか。

Guitars
渡口"PIERRE"貴利
【ワタリグチ"ピエール"タカトシ】

誕生日:1969年12月15日
出身地:鹿児島県
血液型:B型
特技 :部屋を散らかすこと

フェイバリット・アーティスト:ファンカデリック、CCR、ミターズ、THE BAND、スライ&ザ・ファミリーストーン、スティービー・ワンダー
普段はかなりのすっとぼけ野郎。しかしステージ上ではかなりクールな立ちふるまいを披露して騙される女の子も多いらしい。ピエールというミドルネームは、顔が濃いからというもっぱらの噂だが、本当はなぜなのか本人すらもわかっていない。

Trombone
溝呂木 圭
【ミゾロギ キヨシ】

誕生日:1971年11月12日
出身地:千葉県市川市
血液型:A型
特技 :おうむ返し

フェイバリット・アーティスト:JB's

現在のDIXIE TANTAS内で一番若い。彼のファッション・センスには、ずば抜けたモノがあり(良くも悪くも)DIXIE TANTASのファッション・リーダーとしてデビュー以来君臨し続けている。名前の読み方を間違えられる事が多いが「キヨシ」と読む。

Keyboard
山本 隆二
【ヤマモト リュウジ】

誕生日:1970年3月30日
出身地:神奈川県横浜市
血液型:O型
特技 :−

フェイバリット・アーティスト:アイズリー・ブラザース、ポール・ウェラー、マリーナ・ショウ、アラン・トゥサン
アニキと共にDIXIE TANTASのサウンド面を手掛ける。見た目も行動もかなり冷静沈着。ステージ上では人が変わったようにアグレッシブだが、一歩ステージから降りるとすぐに元に戻る。
しかし、酒が入るとよりアグレッシブな一面を見せる。こともある。
Biography


'88年

同じ大学に通う山浦(Vo)、山本(Key)、川崎(Sax)らで結成。ニューオリンズR?のカバーバンドとしてスタートする。この頃ほぼ同メンバーにてFunc、Soul、Blues,etc...黒人音楽全般のカバーバンドをそれぞれ作り活動していた。

'89年

大橋(Ba)佐々木(Dr)DIXIE TANTASへ加入(当時6人編成)

'92年

大学卒業と同時に一時解散

'93年

再結成。オリジナルを中心とした本格的な活動を再開、本牧アポロシアター(現マイカルシアター本牧)にて復活LIVEを行う。この年jirokichi、クロコダイル、Show、Bort等で定期的にLIVEを行う。

'94年

'93年に引き続きクラブチッタ川崎、クアトロ等にも出演。この頃オリジナル曲の評判が高まり法政大学の学園祭出演を初め活動の範囲が広がり始める。同時期にcutting edgeへデモ・テープを送り、現ディレクター本根氏よりライヴでのインパクトを忠実に盛り込んだデモテープ制作を提案される。

95年

この頃、ニューオリンズ・ファンが中心だった当初に比べ、デモ制作の甲斐あってか(!?)女性ファンが急増! メンバー照れまくる。LA MAMA、ガレージ、CLUB24を中心にLIVE活動を定期的に行う。8月にS-KENプロデュースのイヴェントに出演、共演者にもファンを作り各方面よりイヴェントへの出演をオファーされる。11月、プロデュースにカーネーション直枝政太郎氏を迎えデビューアルバム(6曲)をレコーディング開始。パーカッションの里村氏、THE THRILLでトランペットを担当する遠藤氏を初め多彩なゲストが参加し12月にTD終了。

'96年

8月7日 DIXIE TANTASは遂にMAXI SINGLE『明日の夢をみるところ』でメジャーデビューを果たす!
11月7日 セカンド・シングル『Keep On Running』発売! ほとんどの曲と詞を手掛けるアニキが遂に異常な程の音へのこだわりを爆発させたため、この作品からセルフ・プロデュースになる。

'97年

2月19日 サード・シングル『世界の果てまで連れてくよ』リリース。 8月8日4thシングル『Freedom Rider』発売! そして9月26日には待望のファースト・アルバム『The Band』のリリースに至った。

'98年

Bass.大橋、alto sax.川崎が転勤のため脱退。
4月8日 MAXI SINGLE『いつか見た月』リリース。
7月、Drum佐々木も転職のため脱退。後の新生DIXIE TANTANによる初レコーディングにて『super scream』をレコーディング。11月6日第6弾シングル『super scream』を発売。ハウスバーモントカレーのCM曲に。
現在、Vo.Guitar.Keyboard.Tromboneの4人編成で活動中。Bassの金森氏、Drumsの石川氏は、ほぼ準メンバーとして活動。さらにalto saxの首藤氏とtrumpetの近藤タクミ氏も、レコーディングを中心にLIVEのサポートまで参加し、DIXIE TANTANにはなくてはならない存在である。
12月9日 生涯忘れることのできない夢のような一日が訪れた! The God Father of Soul=J.B.(ジェームス・ブラウン)の赤坂ブリッツにて行われた来日公演で、彼等がオープニングアクトを務めたのだ! 全く予想もしなかった夢のようなステージの実現で全員、緊張と感激とプレッシャーでモミクチャになりながら、瞬く間に過ぎてしまったこの日の事を胸に抱き、新曲のレコーディングに取りかかった。

'99年

4月9日 MAXI SINGLE『PARADE』リリース予定。今作にも大森はじめ(東京スカパラダイスオーケストラ)が立候補によって参加(全曲)。
さらに、セカンドアルバムの発売に向けてDIXIE TANTANがまた大きく前進し始めます。


| Latest Release | Profile | Discography | News? |
| avex Main Contents INDEX |

(C) avex network